トレーニング

トレーニング · 16日 7月 2020
こんにちは! 今日は「筋トレ初めてどのくらいで筋肉が大きくなるのか」 についてお話していきます。 まず前回のブログでもお話しした 筋トレの「慣れ」ですが これがまず第一段階です。 第二段階がトレーニングに長い時間耐えれるよう にします。「持久力」ですね。 そして第三段階で筋肉が肥大、つまり「大きく」 なるわけです。...
トレーニング · 23日 6月 2020
こんにちは 今回は前々回紹介したストレッチの他にもまだまだ ストレッチには種類があるのでご紹介したいと思います! バリスティックストレッチ・・・早い動きを伴うストレッチ です。最大瞬発力を伴うスポーツに向いています このストレッチは筋肉が温まっていない状態で素早い動きを 伴うので、慣れていない人には危険です...
トレーニング · 19日 6月 2020
皆さん運動する前に座り込んでもも裏や股関節をゆーっくりと伸ばす ストレッチをしていませんか? ちょっとストップ! 上のような動かず筋肉をゆっくりと伸ばすストレッチを 「スタティックストレッチ」 といいますが、運動前にこれをやってしまうと筋肉がリラックス し過ぎてしまい突然動くと筋肉が対応できなくなってしまうため オススメできません。...
トレーニング · 19日 6月 2020
もし歩いたり走ったりしていて足をひねって腫れてきて しまったら... そんな時になるべく早くできる応急処置5つご紹介します これはPRICE法と呼ばれる応急処置になります Protect(保護) 痛めた部位を動かさないように        負荷をかけないようにしましょう Rest(安静)  体を休めて安静にしましょう Ice(冷却)  ビニールなどに入れた氷を使って  ...
トレーニング · 19日 6月 2020
ランニングマシンなどでたまに心拍数が測れるものがありますよね。 でも「心拍数測って何になるの?」と思ったことはありませんか? そんな方に心肺機能を最大の効果で高くしていく心拍数の目標値を 教えちゃいます! それはTHR(目標心拍数)と呼ばれているものです。 THRを出す計算方法は何種類かあるのですが今日は 一番簡単なものをご紹介!...
トレーニング · 30日 3月 2020
パーソナルトレーニングのステップについて ①効率的 ②効果的 ③安全 無駄な努力を無くした運動プログラムを作るために、、 ①評価 ・お客様のフィットネス状態を把握します。 (筋肉評価、種目の最初の数セット。) ・現在の状態、目標達成に対しての状態。 ②プログラム設計 ・評価で得たデータを元に、トレーニングを設計します。 ③指導...
トレーニング · 27日 3月 2020
ランニングをしている時、スピードを上げたり、下げたりすることは簡単でしょうか? よく考えると、、スピードを上げることが最も簡単で、下げることが最も難しいと考えられています。 下向きの力をコントロールしたり、ゆっくり下ろしたりした時、最も怪我の確立が高まります。 ボディメイクパートナーですと、レッグカールのパッドをお尻につけ、戻す時。...
トレーニング · 19日 3月 2020
RM法 ある重量を何回反復できるかを基準にして行く方法です。 例えばベンチプレスで30キロが8回上がったとしましょう。 この場合8RMとなります。 このRM法を用いることであなたの重量設定はより効果的なものになり、効率よくボディメイクして行くことが可能です。 100%→1回 95%→2回 93%→3回 87%→5回 85%→6回...
トレーニング · 13日 3月 2020
「お腹が割れる」のは、歳を重ねるほど価値が増す勲章のようなものです。 加齢とともに、脂肪はつきやすく筋肉は落ちやすくなっていくからです。 もちろん見た目だけでなく、パワーの源で、安定して動作を支えてくれます。 脂肪は筋肉と筋肉の溝を埋めるため、お腹を割るなら脂肪を無くす作業が不可欠です。...
トレーニング · 11日 3月 2020
ウルフの法則 「骨はそれに加わる力に抵抗するのに最も適した構造を発達させる」 (力をかけ続けると骨はそれに対し、適した形に変わる。) という法則。 医学で認められています。 地球の重力に対して、良し悪し関係なく与えられたストレスの量、方向、によって曲がったり、変形したりします。...

さらに表示する