· 

よく噛んで食べると

食べ物を30回噛んで飲み込むことは

「自分の身体をいたわる」

ことにつながります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「口の中で ”粥状(じゅくじょう)” にしてから飲み込むようにする。」

 粥状とは

「お粥(かゆ)のような状態」

です。

口の中でミキサーにかけた状態のようになるまで噛み

食べ物を飲み込むようにするとどんな風になると思いますか。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「食事後が眠い」

「夜寝ても疲れが取れない」

「冷たいものを食べても汗をかく」

という人がいます。

 

 

これは食事後、胃腸が全力で働いているからです。

自分は動いてないつもりでも

胃腸は全力で働いてくれている

 

食べ物の塊が大きければ、胃腸は塊を小さく分解するために全力で動いています。

粥状にすると、胃が小さくなることはもちろん、

食事後に胃腸に負担がかからず疲れにくくなります。