· 

糖質=ご褒美?

人間は、狩猟時代の常に飢えていた記憶から「生きるためにチャンスがあれば糖質を摂る」ということがプログラミングされています。

 

糖質を摂ると、そのご褒美として幸せを感じるようにできています。

 

糖質を摂って血糖値が上昇→

ドーパミンやセロトニンが放出→

脳が快楽を得てハイな気分になる。

 

この脳の快楽が大変危険で、身体が糖質を必要としていない状態でも快楽を得るために糖質を摂ってしまうようになっていくのです。

 

これを「糖質中毒」と言い、食べすぎや肥満の大き原因となっています。

 

糖質を簡単に、大量に摂れる食生活になったことによって生まれた贅沢な悩みということですね。