· 

バット・キック

バット・キック

(手軽な体操として誰でも実践可能)

 

目的

関節を柔らかくしつつ、カラダの正しい使い方を覚えること。

そうすることによって、日常の活動量が自然に増える。

 

さらに筋肉や心肺に適度な刺激を与えることが出来る。

これにより消費エネルギーを増やしていける。

 

 

 

 

①つま先を前に向け、足幅分横に足を開いて立つ。

 

②手は横に置き、骨盤を立てる。

 

③膝から下を後方に振り、脚を曲げて踵を尻に当てる。

 

(TARZAN779号より抜粋)