· 

快眠を手に入れたい

 

 

個人差はあるようですが、加齢により睡眠の質が関わることがあるようです。

 

快眠のポイントは、眠るときに大切な睡眠ホルモンのメラトニンとセラトニンを出せるようにすることです。

 

メラトニンとは、午後10時以降に分泌が増えてくるホルモンで血圧や体温を下げて体の活動を抑え、快眠へといざなう役割をします。不足すると眠りを妨げたり、体内時計をくるわせます。

 

セラトニンは朝から分泌がはじまり、夜になると脳の興奮状態をおさえてリラックス状態に導くホルモンです。セロトニンが不足すると、興奮状態が続いて寝付けなかったり、眠りについてもすぐに目が覚めてしまうことがあります。

 

睡眠ホルモンは、タンパク質に含まれる必須アミノ酸の一つ。トリプトファンからつくられます。

トリプトファンからセロトニンを生成するときに必要なのはビタミンB6 なのでタンパク質と合わせて摂るようにしましょう。

 

 (大人女子のカラダにライザップより抜粋)