· 

軟水のメリット、デメリット

軟水のメリット

 

 

 

【メリット】

日本料理に適している

 

日本料理は素材を活かした繊細な味付けを魅力としています。軟水は基本的に無味無臭ですから、日本料理や香りを楽しみたい飲み物には最適です。

 

 

赤ちゃんや小さな子どもでも安心

 

軟水はマグネシウムの含有量も少なくお腹にも優しいため、赤ちゃんや小さな子どもにも安心して与えることができます。

しかし、硬水にはマグネシウムが多く含まれていて、胃腸に大きな負担がかかってしまうため、子どもの飲用としては適していません。

肌や髪に優しい

 

軟水は肌や髪にも優しく、身体や髪を洗っても心配はほとんどありません。

硬水で体や髪を洗うと、カルシウムイオンやマグネシウムイオンの影響で、肌がつっぱったり髪がパサパサしたりすることがあります。

泡立ちが良い

 

軟水は硬水と比べて石鹸や洗剤の泡立ちが良いのが特徴です。

 

 

 

 

【デメリット】

 

ミネラル補給はできない

 

 

 

ミネラルには便秘やむくみを解消したり、筋肉の痙攣や足がつるのを予防するなどの効果がありますので、日頃から一定量摂取する必要があります。

 

現代人が不足しがちと言われるマグネシウムやカルシウムなどのミネラルが少ない軟水では、多くの摂取は望めません。

 

 

 

日本の水道水は軟水ですので、日本人の味覚には軟水が合っていると言われています。

 

また、マグネシウムイオンの含有量が多い硬水は人によって体に合わないこともあるので、毎日の飲むお水としては軟水の方が良いでしょう。

 

 

’アクアクララHPより)