· 

過負荷の原理

トレーニングの効果を得るためには、日常生活やスポーツなどで体験しているよりも高い負荷で運動を行う必要があります。

 

 

過負荷は重量だけに限らず、速さ・休憩時間・その他の上達度要素など、エクササイズに加えられるどんな負荷であっても過負荷として作用します。過負荷のタイプや量は設定された目標により異なります。

 

そして筋肉も成長するので同じ設定値のままだとマンネリ化してきて効果が薄れてきます。