· 

生活様式の変化

私たちの生活様式は室内でデスクに向かうことが多く、以前よりも不健康なものになっています。

 

コンピュータの前に座り、長い時間を携帯電話に費やし、自家用車で移動することが多くなってきています。

 

 

このような生活様式の変化により、従来の筋肉の働きに比べ、ある部分の筋肉には負担が大きくかかり、反対に別の部分の筋肉は使われずに弱ってきています。

 

 

足腰の筋肉は弱っていき、負のスパイラルに陥ってしまう場合もあります。

 

運動不足⇒足を骨折して入院⇒筋力の低下⇒怪我をしやすくなる。

 

私たちは重力がある地球で過ごしていますので、重力に負けてしまうと動けなくなります。

必要最低限の筋肉がないと、つまり寝たきりとなってしまうわけですね。