体調は良いですか?

 

 

トレーナーの仕事は、あらゆる手段を用いて、クライアントの安全を確保することです。

 

 

①怪我やコンディションを診断したりしない。

 

②お客様に薬を処方しない。投与しない。

 

③怪我や疾患などに対して医療行為を行わな

 い。(応急処置は除く)

 

④常に医師の同意を求め、トレーナーの能力を超える場合は、医師に任せる。

 

 

トレーニングの効果を最大限に出すためにも、トレーナーは常にクライアントの体調がトレーニングできる状態か、声をかけています。