· 

自分の意志では調整不可能!

人間の体内には無数の神経があります。

その中で、内臓の働きなどを調整してくれるのが「自律神経」です。

 

自律神経には「昼」と「夜」の真逆の神経があります。

 

①「交感神経」

 

エネルギーを消費して身体を動かす準備をします。

 

・血圧の上昇

・心拍数の増加

・消化の抑制など

 

②「副交感神経」

 

動作する必要がない時にエネルギーを蓄えます。

 

・血圧の低下

・心拍数の減少

・消化の促進など

 

食後は「副交感神経」が働きやすいので

しっかり休息時間をとって自律神経が昼夜逆転のような生活にならないようにしたいものですね。